Silvia 

出身国: イタリア
担当言語: 英語・イタリア語・スペイン語


My Story(英語)

Hello! My name is Silvia, nice to meet you! I was born in a small town in the countryside of Italy, close to Venice, but at the age of twelve my family had to move to the Canary Islands in Spain, where I have lived the past eleven years. Even though I couldn’t speak Spanish at all when I first got there, now nobody will even guess that I was not born Spanish.

So… Why am I in Japan now? Since my childhood I always had some kind of attraction towards Japan (my dream as a six-year old was to become like Oscar from “The Rose of Versailles”) but as I grew older my interest deepened into many different parts of Japanese culture, as kimono, history, literature and, even now, anime and manga. During university, I decided to take one year of Japanese and the next summer I visited Japan for the first time. I am not sure I can describe what I felt after landing with words. At a young age I moved to a different country, after that, I moved at least five times, but when I arrived to Japan I felt I was finally in a place that I could call “home”. I couldn’t expect that two years later I would be back in Osaka to study. In between OEC and school, I always try to find some time to go to flea markets to expand my kimono collection, go to cosplay events with my friends or just play some arcade music games (at which I am terrible, but I don’t lose hope).

I still have many things to learn about Japan and Japanese culture, but I think that if we all share our experiences, we can help each other to broaden our views about the world. I look forward meeting all of you!

 

 

My Story(日本語)

こんにちは! 私の名前はシルビアです、お会いできてうれしいです! 私はヴェネチアの近くで田舎の小さな町に生まれましたが、12 歳のときに家族はスペイ ンのカナリア諸島に移動しました。 そこで11年住んでいました。最初は私がスペイン 語を全然話すことができませんでしたが、今はスペイン人のように話せます。

だから、どうして今日本にいますか?子供の頃から私はいつも日本に居味がありました (6歳のときに私は「ベルサイユの薔薇」のオスカーのようになりたかった。)、それで 年を重ねにつれ、私の関心は日本文化の多くの部分に広がりました: 歴史、文学、着物、 それで今もアニメやマンガ。 大学時代には、1 年間で日本語を勉強して、次の年の夏に初めて日本を訪れました。言葉 で着陸した後に感動を説明できるかどうかはわかりません。若い頃、別です国に移住し、 また 5 回は移動しまし、私が日本に到着した時、最終的に「家」と呼ぶ場所にいると感じ ました。2 年後、大阪に戻って勉強することを思いませんでした。OEC と学校の間では、 いつも着物コレクションを広げ、友達とコスプレイベントへ行け、アーケード音楽ゲーム を遊びます。

私はまだ日本の文化についてたくさんのことを学んでいますが、経験を分かち合うならば、 お互いに協力して世界観を広げることができると思います。皆さんのお会いを楽しみにし ています!

講師紹介一覧へ戻る